一般社団法人ダム工学会
 
会員サイト お問い合せ リンク集 入会案内 学会概要 機関誌 研究活動 委員会活動 イベント情報
委員会活動 活性化推進小委員会


行事紹介

行事報告

 

 

   
 

行事紹介

ダム工学会若手の会
第7回若手技術者のための
ダム見学会開催のお知らせ

~100年先のダム管理を目指して!~

 

 ダム工学会 若手の会では、土木工学を学ぶ学生および若手技術者の皆様に、ダムの魅力を知っていただくため、ダム見学会や勉強会を開催しています。
 昨年は「ダム建設最前線!~Dam×Digital~」と題し、web勉強会の中で、3つの建設現場についてオンライン見学会(現地の動画を配信)を行いました。
 沢山の皆様にご参加頂き、大変なご盛況いただきました。
 令和4年度は、「既存ストックの有効活用」をテーマに、ダム管理の実態とダムの長寿命化に対する取り組みや既設ダムを有効活用するダム再生事業について、2回に分けて学びたいと思います。第1回目は 浦山ダム、滝沢ダムのダム見学会です。管理されている(独)水資源機構の皆様に、ダム管理における貴重なお話※を伺いながら現地を歩きます。※既設ダムが抱える問題など。
 皆様のご参加を、事務局一同心よりお待ちしております!

 

※パンフレットダウンロード   
 


◆第7回 若手技術者のためのダム見学会開催要項

①開 催 日: 令和4年8月26日(金)  少雨決行(荒天の場合中止)
②見 学 地: 浦山ダム、滝沢ダム 
※荒川ダム総合管理所HP  
⇒Check

③募集人数: 20名  (ダム工学会会員以外の方も参加可能です。)
④申込期限: 令和4年8月19日(金)
⇒定員に達し次第、締切とさせていただきます。
⑤申込方法:  下記申込フォームより、必要事項をご入力し、お申込み下さい。
 申込み後、メールにてご案内をさせて頂きます。お願いします。 


参加申込

または
⑥お問合せ先: 〒110-0008 東京都台東区池之端2-9-7
池之端日殖ビル2F 
TEL : 03(5815)4161
FAX : 03(5815)4162
E-mail : damko_wakate@jdec.or.jp
一般財団法人ダム技術センター内
ダム工学会若手の会事務局 田中、中村、間野
⑦集合・解散: 西武秩父駅(改札出口付近)  
集合10:00、
解散17:00 
⑧服装など: 動きやすい服装(雨天の際は、傘等)。
ヘルメットは事務局で手配します。
⑨参加費: ダム工学正会員および学生会員 3,000円、
非会員 6,000円
⇒当日までにダム工学会へ入会いただくと、会員価格で参加可能です
 (学生会員は入会費、年会費とも無料)。
⇒当日受付時に徴収いたします(内訳は旅行保険料、バス、昼食代等)。
⑩その他:  本見学会は、土木学会のCPDプログラム認定を申請予定です。
 また、研究費での参加を検討されている方は、参加に必要な資料等、 事務局にご相談下さい
⑪行程表 下記に記載

行程表(案)
日付 時  刻 内  容 備 考
8/26
(金)
10:00 西武秩父駅
(改札出口付近)
集合
10:10 出発 貸切バスにて移動
(西武秩父駅~浦山ダム)
10:30~12:00 ◆浦山ダム見学
(1時間30分)
浦山ダム管理所
12:10~13:00 昼食(ダムカレー弁当) ダム管理所内
13:10 出発 貸切バスにて移動
(浦山ダム~滝沢ダム)
14:00~15:30 ◆滝沢ダム見学
(1時間30分)
滝沢ダム管理所
15:40 出発 貸切バスにて移動
(滝沢ダム~西部秩父駅)
17:00 西武秩父駅 到着、解散
*** おつかれさまでした!気を付けてお帰り下さい。 ***

 注意事項:「新型コロナウイルス感染拡大防止へのご協力をお願い」をご確認ください。


第2回目:ダム工学会若手の会 第6回ダムを知るための若手技術者勉強会(R5年1月開催予定)
 Web配信により(独)水資源機構※の皆様のご協力のもと、ダムの長寿命化計画における最新の取り組み(代替補給を活用した既設ダムの堆砂除去)や既設ダムを運用しながら有効活用する「ダム再生事業」(ダムの容量振替に伴う放流施設の増設)についてご紹介します。
※(独)水資源機構とは 
⇒Check
 ダムに関わる仕事についてより理解を深めるため、初の試みで、令和4年度テーマ「既存ストックの有効活用」を設定しました。ぜひ、連続での参加をご検討下さい!ダムに関わる仕事についてより理解を深めるため、初の試みで、令和4年度テーマ「既存ストックの有効活用」を設定しました。ぜひ、連続での参加をご検討下さい!
ダム初心者でも大丈夫。「ダムの基礎知識講座」で、入門編をしっかり解説致します。
 詳細については、後日ダム工学会のホームページ(http://www.jsde.jp/)にてお知らせいたします。

 ダム工学会は「技術現場からの研究課題の発掘と研究成果の社会への速やかな還元」を活動の目標としてさまざまな活動を行っています。本見学会はこの一環であり、土木工学を学ぶ学生や若手のダム技術者を対象としております。
【若手技術者のためのダム勉強会の趣旨】
◎ダム見学・講演を通して、ダム事業の目的や効果、ダムの構造や施工、管理の方法など、様々な視点からダムについて学ぶ場を提供します。
◎ダム見学やダム事業に関わる先輩技術者との対話をとおしてダムに関わる仕事の魅力を紹介します。
◎学・官・民の若手技術者の連携・交流を深める場を提供し、ダム工学に関わる技術者の活性化を促します。

主催者から参加者の皆様への新型コロナウイルス感染拡大防止へのご協力をお願い
感染拡大防止のための措置としては、以下のものが挙げられます。
①参加者が以下の事項に該当する場合は、参加の見合わせお願いいたします。
・体調がよくない場合(例:発熱・咳・咽頭痛などの症状がある場合)
・同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる場合
②マスクの持参をお願いいたします。(バス乗車時、室内での着用をお願いいたします。)
③こまめな手洗い、アルコール等による手指消毒をお願いいたします。
④他の参加者、主催者スタッフ等との距離(できるだけ2m以上)を確保するようお願いいたします。
⑤イベント中にマスクを着用しない状態での大きな声で会話等をしないようお願いします。
⑥感染防止のために主催者が決めたその他の措置の遵守、主催者の指示に従うようお願いいたします。
⑦イベント終了後2週間以内に新型コロナウイルス感染症を発症した場合は、主催者に対して速やかに濃厚接触者の有無等について報告するようお願いいたします。
出典:厚生労働省ウェブサイト 
URL:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kansentaisaku.html

埼玉県「イベント開催時における必要な感染防止策」
チェックリスト(様式3)
上記画像をクリックすると、PDFファイルでチェックリスト全編が表示されます。
出典:埼玉県ウェブサイト
URL:https://www.pref.saitama.lg.jp/a0401/covid19/anzenkeikaku.html

ダム見学会 荒天の場合中止について
・荒天等によるダム見学会中止の連絡は、申込時に入力していただいたメールアドレスに送信いたします。
・ダム見学会当日に降雨がない場合でも前日までの降雨等により、管理所が態勢に入っている場合にはダム見学の対応が出来ない可能性があります。

当ダム工学会ホームページの無許可でのLINKの転用・書き込み・営利目的な使用等は固くお断りしております。COPYRIGHT(C)2004 Japan Society of Dam Engineers ALL RIGHT RESERVED